プロフィール

■ 中年メタボまっしぐらであった所で「ある方法」に出会い3ヶ月で10kg減量することに成功しました。

はじめまして、円谷 剛史です。

私は、大手医薬品製薬メーカーに勤めるかたわら、筋力トレーニングやダイエットで悩んでいる方たちに運動や食事、マインドセットなど総合的にコーチングをしています。 今でこそ、ボディーメイクをする方法を知り実践して結果を出せますが、最初から素質があり出来たわけではありませんでした。

5年前までは、TVや雑誌にある腹筋が割れるようになる器具や室内用バイクなどを購入したり、トレーニングジムに毎月1万円、その他サプリメントや交通費、多くの時間を費やしてきました。このように中年メタボまっしぐらであった所で「ある方法」に出会い、3ヶ月で10kg減量することに成功しました。

■ 学生時代(中学生~高校生)

子供のころから外で遊びまわることが好きだった私は、草野球を日が沈み疲れ果てるまで遊んでいました。 中学校では野球部に仲間と一緒に入部し、3年間基礎体力作りも含め真剣に取組みました。 ここで町一番の俊足で大会に優勝したり、ある面ヒーローだった良き思い出です。 高校生の時、野球部となると学力低下を懸念し親に大反対を受け、次にできそうなバレーボール部に入部しました。 身長165cmではネットの高さ245cmは指先も越えることが出来ませんでしたが、1年続けると跳躍力が着き3mまで跳躍できるようになっていました。 最後はセッターでしたが、主将を務め有意義な学生生活をおくっていました。  しかし、親が心配していた受験に失敗し浪人した時、ストレスからかタバコ(今は時効?)や甘い缶コーヒーを何本も飲んで、一気にデブにまっしぐらとなってしまいました。

■ 大学時代

晴れて大学に入学すると、運動好きの私は軟式野球部に入部し出身の違う様々な経歴の人達と同じ釜の飯を食った仲間として今でも付き合いのある関係を作ることが出来ました。 一方、体育会系は飲み会も多くここでお酒の味と居酒屋のつまみを一緒に覚えてしまいました。 ここで酒 タバコ 不摂生の3拍子が揃ったわけです。  毎日楽しい学生生活を過して来ましたが、4年生になると理科系であった私は、何か真剣に取組める課題をと考え生化学教室を専攻し実験に没頭していました。 就職も超売り手市場も手助けし、大手医薬品製薬メーカーに内定をもらいました。

■ 今の仕事

医薬品製薬メーカーの営業マンと聞くとどのように感じますか? 私が20年前に入社した時、先輩からお得意先、関係業者の人達と毎晩のように接待・麻雀、午前様は当たり前、週末はゴルフや得意先の行事に参加、忘年会では、曜日が重なりはしご酒、一芸をすることもしばしばなど、健康産業とは到底思えない状況を聞かされてきましたが、本当に同じでした。 最近は規制ができて上記のようなことは少なくなりましたが、逆にMRの中には、さびしくなったと仲間を連れて飲み歩いている人もいるのが現状です。
このような生活を学生時代からしてくれば、体もボロボロになるのは当たり前。 30台後半になると職業病ともいえる高血圧、脂質異常症、脂肪肝、高尿酸血症など生活習慣病を健診で言い渡されました。 

この時、家族もいて同期入社した中でも最も早死にしそうな状況だと恐怖みたいなものを感じたのを今でも覚えています。そこで、フィットネスクラブの幽霊会員では駄目だと心を入替え、ランニング30分、マシントレーニングを一通りやってみるもまったく体に効いていないどころか、ビールが美味しくなる悪循環にまっしぐらとなっていました。そこで、たまたま声を掛けてくれたパーソナルトレーナーさんとの出会いで学生時代から根性と気合でやってきたトレーニング方法から、たった3ヶ月で10kg減量に成功したのです。

■ 現在

自分自身が達成した経験を元に、もっと効果的・効率的にトレーニングする方法や食事摂取方法などを研究し、リバウンドをしない体作りのお手伝いを行っています。 今後、メルマガやブログ、教材やコーチングを通して、より多くの人を助けることが出来ればと思っています。